PHPライブラリ「サーバサイドSHTML」の設置サンプル集

  • (データベースと連動した)郵便番号一覧サイト・・・PrintScreenキー対策を組み合わせたサンプルです。

  • イントラネット・・・特定の管理者のみに印刷を許可し、一般ユーザーには印刷を許可しないなどの制御ができます。アクセスしている人間をクッキーなどで判別し、読み込むプロテクトコード(JSファイル)を切り替えることで実現可能です。

  • 掲示板やチャット・・・弊社運営の掲示板(オリジナル)をサーバサイドSHTMLで動的に難読化した場合のサンプルです。PostgreSQLに登録されたデータをPHPで取得し、それをprintする前に、サーバサイドSHTMLで難読化しています。

  • フォーム・・・「hiddenタグの内容を隠したい場合」「市場調査時などに、発売前のデータが流出しないように」など。お客様が入力されたデータをサーバ上で動的に難読化することが可能であることをデモンストレーションする内容となっています。(ブラウザから送信されるデータの通信上の安全性を目的には利用できません。そのような目的のためには、SSLをご利用ください。)






<< トップページに戻る      © 株式会社プランセス 2007-2015      お問い合わせ